メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ病態の本質は「免疫血栓」の形成

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

コロナ病態の本質は「免疫血栓」の形成

岐阜市民病院 診療局長・第一内科部長 西垣和彦

 2021年04月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

189名の先生が役に立ったと考えています。

 COVID-19における血栓症の予防、治療に向けて

 2019年12月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が中国の武漢市で最初に流行し、急速に全世界に波及した。2021年3月26日現在、192ヵ国・地域で約1億2,600万人以上が感染し、死亡者は276万人以上に達している。わが国でもこれまでに、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性者は46万人、死亡者は約9,000人であり、今後変異株に伴う急激な感染拡大も危惧されており、予断を許さない状況にある。本稿では、COVID-19の本質である血栓症について解説するとともに、その予防や治療について論考する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  コロナ病態の本質は「免疫血栓」の形成