メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新型コロナ TOPICS »  コロナワクチン、有害事象対策と未知の副反応

新型コロナ TOPICS 新型コロナ TOPICS

コロナワクチン、有害事象対策と未知の副反応

 2021年04月07日 16:29
プッシュ通知を受取る

102名の先生が役に立ったと考えています。

 国内では今年(2021年)2月に医療従事者に対する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種が開始された。ファイザー製のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであるトジナメラン(商品名コミナティ)が用いられているが、将来的にはウイルスベクターワクチンなど異なるタイプのワクチンも登場する見通しだ。mRNAワクチンのヒトへの実用化は世界的にも初めてであり、新しい技術を用いて開発されたため長期の安全性や未知の副反応なども含めて不明な点が多い。日本感染症学会ワクチン委員会委員長を務める鹿児島大学大学院微生物学分野教授の西順一郎氏に、現在までの国内外の知見を踏まえ、SARS-CoV-2ワクチンに対する評価や期待について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  新型コロナ TOPICS »  コロナワクチン、有害事象対策と未知の副反応