メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  B型肝炎治療、新機序薬の開発に期待

インタビュー インタビュー

B型肝炎治療、新機序薬の開発に期待

 2021年04月14日 16:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 直接作動型抗ウイルス薬(DAA)の登場により、C型肝炎ウイルス(HCV)感染者の大部分ではウイルスの完全排除が可能になった。一方、B型肝炎ウイルス(HBV)感染については治療が大幅に進歩したものの、ウイルスの排除はまだできない。しかし、新機序薬剤の開発が相次いでおり将来的な治療には希望が持てるという。B型肝炎治療の進歩について、武蔵野赤十字病院(東京都)副院長の黒崎雅之氏に解説してもらった。また、今年(2021年)1月に改訂された『B型肝炎治療ガイドライン(第3.3版)』(以下、GL)の改訂ポイントについても聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  B型肝炎治療、新機序薬の開発に期待