メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  解説 »  高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法

解説 解説

高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法

腫瘍選択性を高め、複合的に抗腫瘍作用を発揮

バイオダイナミックス研究所理事長 前田浩

2021年04月16日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

〔編集部から〕がん患者にホウ素製剤を投与した上で、中性子線の照射を行うホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は「第5のがん治療」と期待される。その臨床応用の進展に向けて、画期的な研究成果が発表された。バイオダイナミックス研究所理事長の前田浩氏(熊本大学名誉教授、東北大学特別招聘プロフェッサー)らは、BN...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  解説 »  高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法