メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法

解説 解説

高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法

腫瘍選択性を高め、複合的に抗腫瘍作用を発揮

バイオダイナミックス研究所理事長 前田浩

 2021年04月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕がん患者にホウ素製剤を投与した上で、中性子線の照射を行うホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は「第5のがん治療」と期待される。その臨床応用の進展に向けて、画期的な研究成果が発表された。バイオダイナミックス研究所理事長の前田浩氏(熊本大学名誉教授、東北大学特別招聘プロフェッサー)らは、BNCTに用いるホウ素製剤の高分子化に成功。これにより、安全で強力ながん治療が可能になるという(Biomaterials 2021; 269: 120631、関連記事「熾烈化する?『第5のがん治療』争い」)。今回の研究成果の臨床的意義を同氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  高分子化で革新、ホウ素中性子捕捉療法