メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  若年でも高率に見られるコロナ後遺症の実態

コロナ時代のクリニカルパール コロナ時代のクリニカルパール

若年でも高率に見られるコロナ後遺症の実態

国立国際医療研究センター 国際感染症センター 森岡 慎一郎

 2021年04月19日 15:50
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 これまでにエボラ出血熱やデング熱といったウイルス性疾患でも後遺症があることが知られているが(Microorganisms 2020; 8: 594Int J Infect Dis 2011; 15: e38-43)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にも後遺症(以下、コロナ後遺症)が存在することが分かってきた。2020年7月ごろに欧米から疫学報告が散見され始めた(JAMA 2020; 324: 603-605MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020; 69: 993-998)。その後、わが国からも国立国際医療研究センターや和歌山県からコロナ後遺症の疫学が報告された(Open Forum Infect Dis 2020; 7: ofaa507和歌山県「新型コロナウイルス感染症の後遺症等のアンケート調査の結果について」)。これらの疫学情報などを基に、現段階でコロナ後遺症に関して分かっていること、いまだ明確になっていないことを整理する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  コロナ時代のクリニカルパール »  若年でも高率に見られるコロナ後遺症の実態