メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  副腎不全Lancetセミナー(付録:ビン・ラディン殺害計画)

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

副腎不全Lancetセミナー(付録:ビン・ラディン殺害計画)

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2021年04月19日 05:00
プッシュ通知を受取る

112名の先生が役に立ったと考えています。

 Lancet2021 Feb 13; 397: 613-629)に副腎不全のセミナーがありました。著者はノルウェイ、スウェーデン、英国の医師たちです。一次性副腎不全は北欧に多いのだそうです。

 副腎不全は、疑いさえすれば診断、治療は簡単です。副腎危機(adrenal crisis)を疑ったら検査結果が出る前に、即座のハイドロコートン100mgと輸液で救命できます。しかし副腎危機に至るまで診断できず死亡することも多いのです。特にステロイド投与患者で、嘔吐、下痢を起こした場合は、ステロイドを吸収できなくなりますから必ず副腎不全を考える必要があります。患者には副腎危機に備え次のようなカードを渡します。

「私は毎日コルチゾン補充が必要です。重病、外傷、嘔吐、下痢がある場合、ハイドロコートン 100mg静注、生理食塩水点滴をして下さい」

 Lancet総説「副腎不全(セミナー)最重要点は下記18点です。

  1. 「倦怠、食欲不振、消化器症状」で副腎不全疑え!Na↓、小児でBG↓一次性で色素沈着
  2. 副腎不全はステロイド、麻薬、ケトコナゾール、フェノバール、オペプリム、ザイティガ、免疫チェックポイント阻害薬で起こる
  3. 一次性副腎不全は抗21-hydroxylase抗体測定(国内?)、糖質・鉱質コルチコイド両者補充
  4. 副腎不全でNa↓(84%)、TSH↑(52%)、K↑(34%)、cortisol<3.62μg/dL、ACTH 2倍以上
  5. 一次性副腎不全は糖質・鉱質コルチコイド両者必要。androgen必要性?
  6. 一次性は小児:先天性、思春期後:自己免疫、結核、HIV、成人:出血、がん、結核など
  7. 一次性の5割で橋本病、Graves病、1~1.5割1型DM、1割自己免疫性胃炎(VB12↓)
  8. 一次性(副腎由来)、二次性(下垂体性)、三次性(視床下部、ステロイド・麻薬投与)
  9. 二次性副腎不全は下垂体病変によるACTH欠損。軽症多い。二次性でフロリネフ補充は不要
  10. 尿崩症は下垂体腺腫で起こらぬ。頭蓋咽頭腫、髄膜腫、リンパ腫、転移がんを疑う
  11. PSL 5mg 3週で三次性副腎不全起こす
  12. コルチゾル分泌はコートリル換算15~25mg/日で午前5時から↑、午前8時最大で漸減、午前2時最低
  13. 一次性は糖質・鉱質コルチコイド両者と塩分補充、二次と三次性は糖質コルチコイドのみ補充
  14. コートリル成人15~25mg/日、小児8~10mg/m2/日を2~4回/日分割、朝最大量。PSL避けよ(骨粗鬆症)
  15. 糖質コルチコイドのモニターにACTH濃度、cortisol濃度は妥当でない
  16. 一次性で鉱質コルチコイド↓は塩渇望、フラフラ、K↑、低血圧、浮腫。フロリネフ0.05~0.20mg/日を
  17. 副腎危機は検査(cortisol、ACTHなど)と同時にハイドロコートン100mg、生食1L/時開始
  18. 副腎不全で感冒、下痢、嘔吐などで成人ヒドロコルチゾン2倍量、小児30mg/m2/日を

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  副腎不全Lancetセミナー(付録:ビン・ラディン殺害計画)