メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  SG-BCC 2021:乳がん術前/術後療法を解説

解説 解説
Oncology Tribune

SG-BCC 2021:乳がん術前/術後療法を解説

国立国際医療研究センター 乳腺・腫瘍内科 下村昭彦氏

 2021年04月20日 04:55
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 〔編集部から〕先月、ザンクトガレン国際乳癌会議(SG-BCC 2021、3月17~21日、ウェブ開催)が開催された。同会議では、乳がんの専門家がいまだ結論が出ていない議題について現存するエビデンスやデータを基に投票を行い、現状の考え方が示されるコンセンサス会議が目玉となっている。今年は2日間にわたり、各日とも日本時間の22~1時過ぎまで、延べ7時間近く議題投票とディスカッションが行われた。その中から、乳がん術前/術後療法をピックアップし、国立国際医療研究センター乳腺・腫瘍内科の下村昭彦氏に詳細に解説してもらった。※4月上旬収録

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  SG-BCC 2021:乳がん術前/術後療法を解説