メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  どうする? 前立腺がんへのオラパリブ

医師の声 OT Survey 医師の声 OT Survey

どうする? 前立腺がんへのオラパリブ

医師101人が回答

 2021年04月27日 18:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2020年)12月、PARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)がBRCA変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対する適応追加を取得した。同薬は、前立腺がんに対する初の分子標的薬で、既存薬で効果が得られない症例への有効性が期待される。一方、投与に際してはコンパニオン診断が必須だが、承認された2つの検査の使い分けや検査の実施タイミングなどについての指針は定まっていない(関連記事「前立腺がんコンパニオン診断で学会が見解」「前立腺がんBRCA検査をどう考えるか」)。そこでMedical Tribune編集部では、同薬の使用に関して医師会員を対象に意識調査を実施。地域医療機能推進機能(JCHO)東京新宿メディカルセンター副院長・泌尿器科部長の赤倉功一郎氏の解説とともに紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医師の声 OT Survey »  どうする? 前立腺がんへのオラパリブ