メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  良質な透析チーム医療とケアの実現へ

インタビュー インタビュー

良質な透析チーム医療とケアの実現へ

第66回日本透析医学会学術集会・総会会長に聞く

 2021年05月07日 18:45
プッシュ通知を受取る

 6月4~6日に開催される第66回日本透析医学会学術集会・総会(以下、学会)は、コロナ禍がなければ透析療法に携わる約2万人の医療関係者が集い、同療法に関する議論を交わし知識を蓄える機会となる。同学会会長で川島病院(徳島県)副院長の岡田一義氏に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策、学会のテーマや注目演題などについて聞いた。同氏が重視する、透析による延命治療をめぐる問題の解決や、良質な透析チーム医療とケアに必要なコミュニケーションスキルの向上に寄与する多彩なセッションが設けられているという。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  良質な透析チーム医療とケアの実現へ