メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  再論・コロナワクチン接種後に発生する血栓症

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

再論・コロナワクチン接種後に発生する血栓症

米国における12例

 2021年05月07日 13:05
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:SARS-CoV-2ワクチン接種後に血小板減少症を伴う血栓症が発生

 米国では2021年2月27日にヤンセン/ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のヒトアデノウイルスベクターを用いた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するワクチンAd26.COV2.Sが緊急使用許可(Emergency Use Authorization:EUA)を取得した。このワクチンは4月12日までに約700万回接種され、血小板減少症を伴う脳静脈洞血栓症(cerebral venous sinus thrombosis:CVST)が6例で確認されたため、4月13日に接種が一時全国的に停止された。

 今回、この6例を含むAd26.COV2.Sワクチン接種後に発症した血小板減少症を伴うCVST患者12例の詳細がJAMA2021年4月30日オンライン版)に報告されたので紹介する。ヘパリン投与歴がない症例に血小板活性化抗体が発生する、自己免疫性ヘパリン起因性血小板減少症(autoimmune heparin-induced thrombocytopenia:HIT)と同様のメカニズムが考えられている。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  再論・コロナワクチン接種後に発生する血栓症