メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 島田英昭(消化器) »  食道がん術後ニボルマブによる補助療法の効果は?

ドクターズアイ 島田英昭(消化器) ドクターズアイ 島田英昭(消化器)

食道がん術後ニボルマブによる補助療法の効果は?

 2021年05月10日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:術後療法の標準治療は確立されていない

 食道がん(接合部がんを含む)は、根治手術が施行できた症例であっても術後に40%前後が再発することから、強力な術後補助療法が必要と考えられています。わが国におけるステージⅡ/Ⅲの食道がんに対する現在の標準治療は、術前に2コースのフルオロウラシル(5-FU)+シスプラチン(FP療法)を行ってから根治手術を施行することとなっています。しかし、術後の追加治療については標準治療が確立されていません。進行再発食道がんに対する抗PD-1抗体ニボルマブの有効性1)2)が明らかとなったことを背景として、根治手術後の追加治療としてのニボルマブの効果を検証したプラセボ対照試験CheckMate-577の結果がN Engl J Med(2021; 384: 1191-1203)に発表されました。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 島田英昭(消化器) »  食道がん術後ニボルマブによる補助療法の効果は?