メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第38回】小細胞肺がんの二次治療はプラチナ併用がよさそう

田中きゅーと先生論文解説 田中きゅーと先生論文解説

【第38回】小細胞肺がんの二次治療はプラチナ併用がよさそう

川崎市立川崎病院呼吸器内科医長 田中 希宇人氏

 2021年05月11日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

【論文名】Platinum-doublet chemotherapy as second-line treatment for relapsed patients with small-cell lung cancer: A systematic review and meta-analysis

【出典】Lung Cancer 2021; 156: 59-67

  連載第38回に取り上げる論文は、先日のLung Cancer誌から、慶應義塾大学呼吸器内科の堀内康平先生による小細胞肺がんの二次治療について、プラチナ製剤を含むレジメンがよいかどうかを検討したシステマチックレビューとメタ解析「Platinum-doublet chemotherapy as second-line treatment for relapsed patients with small-cell lung cancer: A systematic review and meta-analysis」です。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  田中きゅーと先生論文解説 »  【第38回】小細胞肺がんの二次治療はプラチナ併用がよさそう