メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  新型コロナで二大ステロイド対決

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

新型コロナで二大ステロイド対決

メチルプレドニゾロン vs. デキサメタゾン

 2021年05月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

43名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:世界の主流はデキサメタゾン

 今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療における全身性ステロイドについて取り上げたい。

 結論から書くと、個人的には中等症Ⅱ以上のCOVID-19に対する全身性ステロイドは、メチルプレドニゾロン1~2mg/kg/日辺りが妥当ではないかと考えている。デキサメタゾンのように6mg/body/日と一律に用量を規定するよりも、体重に応じて増減させる方が理にかなっている気がする。

 紹介するのは、メチルプレドニゾロンとデキサメタゾンを比較した研究である(BMC Infect Dis 2021; 21: 337)。

 コントロールアームにデキサメタゾン6mg/body/日が設定されている理由は、これがCOVID-19に対する全身性ステロイド治療として有効性を示したステロイド製剤であるためだ(N Engl J Med 2021; 384: 693-704)。このRECOVERY試験では、デキサメタゾンを用いることで、酸素療法や機械換気を受けているCOVID-19患者の死亡率が有意に低下した。

 一方、メチルプレドニゾロンのエビデンスは限られている。通常、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の領域ではデキサメタゾンよりもメチルプレドニゾロンの方がよく用いられているため(さまざまなエビデンスが否定されてきたが)、こちらの製剤におけるCOVID-19のエビデンスが求められていた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  新型コロナで二大ステロイド対決