メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  グレリン作動薬として期待される六君子湯

今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点

グレリン作動薬として期待される六君子湯

東邦大学医療センター 大森病院東洋医学科准教授/診療部長 田中 耕一郎

2021年05月14日 14:00

27名の医師が参考になったと回答 

 もともと"胃弱"の患者に対して用いられてきた六君子湯(りっくんしとう)という処方が、"グレリン作動薬"として食欲増進および胃運動の促進作用が期待され、プロトンポンプ阻害薬(PPI)抵抗性胃食道逆流症(GERD)や機能性ディスペプシア(FD)などの治療に用いられるようになってきている。その作用を生み...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  グレリン作動薬として期待される六君子湯