メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  【前編】乳がんゲノム医療

インタビュー インタビュー

【前編】乳がんゲノム医療

東京大学乳腺内分泌外科准教授・診療科長の田辺真彦氏に聞く

 2021年05月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 がんゲノム医療の進歩により、がんの治療戦略は大きく変貌を遂げつつある。特に、がんの遺伝子パネル検査が2019年6月に国内で保険収載されたことを受け、わが国においても本格的ながんゲノム医療が開始されている。乳がん領域では、遺伝性乳がんの遺伝学的検査、サブタイプ分類に応じての治療、多遺伝子アッセイに加えてがんゲノム検査も臨床導入され、今後の展開が期待されている。そこで、東京大学乳腺内分泌外科准教授・診療科長の田辺真彦氏に、がんゲノム医療の臨床導入に伴い乳がん診療にどのような変化があるのか、また運用の実際などについて聞いた。ここでは、前編を紹介する(2019年末に取材した内容を再構成してお届けします)(関連記事「【後編】乳がんゲノム医療」)。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  インタビュー »  【前編】乳がんゲノム医療