メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  非典型溶血性尿毒症症候群薬ラブリズマブ

この難病・希少疾患に注目! この難病・希少疾患に注目!

非典型溶血性尿毒症症候群薬ラブリズマブ

抗体製剤が2剤に拡大、死亡例が激減の可能性も

 2021年05月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫システムにおいて重要な役割を果たす「補体」の制御因子に異常のある人が、かぜや腸炎などの感染性疾患、妊娠などが引き金となって発症する非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)。溶血性貧血、血小板減少、腎不全を3主徴とする希少疾患である。aHUSの初めての治療薬として補体(C5)に対する抗体医薬エクリズマブ(商品名ソリリス)が2013年に登場し、治療は大きく前進した。2020年9月には、2剤目となる補体(C5)に対する抗体医薬ラブリズマブ(同ユルトミリス)が使用可能になり、aHUSの治療選択肢が増え、患者の予後改善が期待されている。aHUSの特徴、治療法、新薬への期待について、aHUS診断基準改訂委員会の委員長を務める徳島大学病院病院長の香美祥二氏に聞いた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  この難病・希少疾患に注目! »  非典型溶血性尿毒症症候群薬ラブリズマブ