メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  COPD増悪には固定用量か、個別化用量か

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

COPD増悪には固定用量か、個別化用量か

全身性ステロイドの投与法

 2021年06月09日 18:32
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 前回は新型コロナ感染症(COVID-19)における全身性ステロイドについて取り上げたが(関連記事「新型コロナで二大ステロイド対決」)、今回は慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪に対する新たなエビデンスを紹介したい。

研究の背景:GOLDガイドラインは固定用量での推奨

 COPDの国際的診療指針であるGOLDガイドラインでは、「プレドニゾロン40mg/日を5日間」が増悪時の治療として推奨されている。全身性ステロイドの種類はプレドニゾロンに限らなくてもよく、現場ではメチルプレドニゾロンやベタメタゾンなどもよく用いられている印象がある。

 呼吸器内科医における全身性ステロイドの用法・用量は、半ば我流になっている部分もあるが、体重も背景も異なるのに固定用量というのは解せないという意見は理解できる。

 今回紹介するのは、プレドニゾロン40mg/日と、個別化用量のいずれかに割り付けたランダム化比較試験(RCT)である(Chest 2021年5月20日オンライン版)。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  COPD増悪には固定用量か、個別化用量か