メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  da Vinci手術に挑むママ外科医とキャリアパス

医療の蠢動 医療の蠢動

da Vinci手術に挑むママ外科医とキャリアパス

 2021年06月14日 05:10
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 女性の大腸がん患者が増加し続ける中で、気兼ねなく安心して相談できる女性医師の診察を希望するケースも増えており、女性外科医の活躍の場は確実に広がっている。本企画では、激務故に過酷なイメージが強い外科で、出産を経て育児と両立しながら第一線で活躍するがん・感染症センター東京都立駒込病院大腸外科の高雄美里氏を取材した。同氏は大腸がんの外科手術が主な専門で、腹腔鏡下手術に加え、da Vinciサージカルシステムによるロボット支援手術も手がける。出産後も周囲の理解と協力を得ながらキャリアを積み、修練を続ける同氏に、外科医のやりがいや魅力、キャリア形成などについて聞いた。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  da Vinci手術に挑むママ外科医とキャリアパス