メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  コロナ禍の緩和医療、苦難を乗り越える工夫

医療の蠢動 医療の蠢動

コロナ禍の緩和医療、苦難を乗り越える工夫

 2021年06月30日 11:27
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行下で、緩和医療が窮地に立たされている。病床や医療スタッフがCOVID-19対応に回され、緩和ケア病棟が閉鎖や縮小に追い込まれた施設が少なくない。感染防止のため家族との面会制限などの措置を取らざるをえず、緩和医療の使命を果たすことが困難になっているのが現状だ。がん・感染症センター東京都立駒込病院も苦難に直面しているが、これまで緩和ケア病棟でCOVID-19の発生はなく、病床数も維持。「できないこと」には代替の方策を模索するなど、さまざまな工夫を重ねながら緩和医療を継続している。コロナ禍で、緩和医療の存在意義を高める事例もあった。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  コロナ禍の緩和医療、苦難を乗り越える工夫