メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  ディオバン事件"無罪"に桑島氏がコメント

寄稿 寄稿

ディオバン事件"無罪"に桑島氏がコメント

臨床研究適正評価教育機構理事長 桑島 巖

 2021年06月30日 14:42
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)のバルサルタン(商品名ディオバン)を用いた医師主導臨床研究KYOTO HEART Studyのサブ解析データを改竄し、虚偽の論文を発表したとして、同薬を製造販売するノバルティス ファーマの元社員・白橋伸雄被告および同社が旧薬事法66条(現・医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)の罪に問われていた。これについて、最高裁判所は昨日(6月29日)、東京高等検察庁の上告棄却を決定し無罪とした。この裁判を注視してきた臨床研究適正評価教育機構理事長の桑島巖氏のコメントを紹介する。(関連記事「桑島巖氏が追及するディオバン事件・上」「桑島巖氏が追及するディオバン事件・下

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  ディオバン事件"無罪"に桑島氏がコメント