メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  デュアル・インクレチンの作用を臨床で証明

解説 解説

デュアル・インクレチンの作用を臨床で証明

横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内科学教授 寺内康夫

2021年07月06日 15:50

26名の医師が参考になったと回答 

 2種のインクレチン(GIPおよびGLP-1)に作用するGIP/GLP-1受容体作動薬tirzepatideは新規糖尿病治療薬として開発が進められている週1回皮下注製剤である。このたび、第Ⅲ相臨床試験SURPASSプログラムの結果が第81回米国糖尿病学会(ADA 2021、6月25~29日、ウェブ開...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  デュアル・インクレチンの作用を臨床で証明