メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  成人の血尿の診かたーNEJM総説

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

成人の血尿の診かたーNEJM総説

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2021年08月13日 18:00
プッシュ通知を受取る

68名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2021 Jul 8; 385: 153-163)に「成人の血尿」の総説がありました。

 著者はハーバードのMGHの小児腎臓科医でN Engl J Medの副エディターのJulie R.Ingelfingerです。Hartford Hartt School(芸術大学)でなんとピアノを学んだ後、Albert Einstein医科大学で学んでいます。妹がバイオリニストのEugenia Zukermanです。

 血尿は外来ではよく遭遇しますのでまとめてみました。

 N Engl J Med総説「成人の血尿」、最重要点は以下の13点です。

  1. 尿潜血陽性は5個RBC/HPF(400倍)以上のとき。RBC(-)なら溶血かミオグロビン尿を疑う
  2. 挫滅症候群:生食10~15mL/時→ソリタT1、4など1L当たり重曹50mEq追加、尿pH>6.5に
  3. 40歳(35歳)以上の肉眼的血尿はエコーと膀胱鏡!膀胱がんは8割で排尿障害あり
  4. 血尿の10%でがん8.0%膀胱がん1.0%腎がん、0.7%移行上皮がん、0.3%前立腺がん
  5. 赤血球形態正常なら下部尿路出血、蛋白+変形赤血球/赤血球円柱は糸球体腎炎疑う
  6. 変形RBC→糸球体病変。正常RBC→UTI症状(尿培・感受性)、結石(CT)、がん精査
  7. がん検索は年齢(40、60歳)、喫煙(10、30pack-year)、RBC数(3、11、25)でリスク層別化
  8. 顕微鏡的血尿で低リスク(<40歳、<10pack-year、3~10個RBC/HPF)は4~6週ごと検尿→1~2年ごと
  9. 顕微鏡的血尿でがん発生は3年で0.7%。≧40歳、≧25個RBC/HPFでがん増加
  10. がん中等リスクは≧40歳、≧喫煙10pack-year、11~25個RBC/HPFでエコー+膀胱鏡を
  11. がん高リスクは≧60歳、喫煙≧30pack-year、≧25個RBC/HPFでCT+膀胱鏡を
  12. 尿細胞診はあまりあてにならぬ。肉眼的/症候性血尿のときのみにやれ
  13. 膀胱がんの分子学的バイオマーカーは使えねえ

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  成人の血尿の診かたーNEJM総説