メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  新型コロナを正しく知る一助に

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

新型コロナを正しく知る一助に

企画展「日本人を苦しめた感染症と新型コロナウイルス感染症」

 2021年08月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

2021企画展会場 (1)リサイズ.jpg

(内藤記念くすり博物館提供)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が初めて報告されてから1年半以上経過したが、いまだ流行終息の兆しは見えない。各メディアは連日のようにCOVID-19のニュースを報道しているが、さまざまな情報が混在している。このような状況下、「COVID-19をはじめ、さまざまな感染症の正しい情報や知識を得てほしい」との思いから、岐阜県各務原市にある内藤記念くすり博物館では、企画展「日本人を苦しめた感染症と新型コロナウイルス感染症」を開催している(2022年3月31日まで)。同館館長の森田宏氏に、企画展の開催経緯や意義、注目の展示物などについて聞いた。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  新型コロナを正しく知る一助に