メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む

医療の蠢動 医療の蠢動

3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む

泌尿器外科領域におけるミニマム創内視鏡、腹腔鏡、da Vinciによる手術

2021年09月08日 09:58

1名の医師が参考になったと回答 

 泌尿器外科領域の低侵襲手術は、腹腔鏡下手術またはda Vinciサージカルシステムによるロボット支援手術(da Vinci手術)が一般的だが、第3の低侵襲手術として単孔式の腹腔鏡下手術である「ミニマム創内視鏡下手術」がある。がん・感染症センター東京都立駒込病院では、泌尿器外科領域において対象臓器や...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む