メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む

医療の蠢動 医療の蠢動

3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む

泌尿器外科領域におけるミニマム創内視鏡、腹腔鏡、da Vinciによる手術

 2021年09月08日 09:58
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 泌尿器外科領域の低侵襲手術は、腹腔鏡下手術またはda Vinciサージカルシステムによるロボット支援手術(da Vinci手術)が一般的だが、第3の低侵襲手術として単孔式の腹腔鏡下手術である「ミニマム創内視鏡下手術」がある。がん・感染症センター東京都立駒込病院では、泌尿器外科領域において対象臓器や症例により3種類の低侵襲手術を使い分け、高い安全性および臓器・機能温存を担保した根治的治療に取り組んでいるという。その詳細について、同院腎泌尿器外科部長の古賀文隆氏に話を聞いた。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  3種の低侵襲手術で究極の根治・安全性に挑む