メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  東洋医学で考える医師の「燃え尽き症候群」

今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点

東洋医学で考える医師の「燃え尽き症候群」

東邦大学医療センター 大森病院東洋医学科准教授/診療部長 田中 耕一郎

2021年10月05日 17:12

79名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省によると、燃え尽き症候群(burnout syndrome)とは、「それまで意欲を持ってひとつのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、社会的に適応できなくなってしまう状態」を指す。現在では、どの職種でも起こりうると考えられるようになったが、従来の研究では対人サ...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  東洋医学で考える医師の「燃え尽き症候群」