メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  ACS後、抗血小板薬はそのままでよいのか?

ドクターズアイ 香坂俊(循環器) ドクターズアイ 香坂俊(循環器)

ACS後、抗血小板薬はそのままでよいのか?

慶應義塾大学循環器内科 香坂 俊

2021年11月30日 05:05

25名の医師が参考になったと回答 

背景①強固なDAPTを最低でも1年間  急性冠症候群(ACS)の後は、主にステント内の血栓再閉塞予防のため、アスピリンとP2Y12阻害薬の2剤併用投与を約1年間行うことが推奨されています。これをDual Antiplatelet Therapy(DAPT)といいますが、読者の先生方には、循環器医から...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  ACS後、抗血小板薬はそのままでよいのか?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで