メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望

解説 解説

腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望

2021年12月06日 13:30

7名の医師が参考になったと回答 

〔編集部から〕今年(2021年)6月、世界初のがん治療用ウイルス(腫瘍溶解性ウイルス)G47Δ(デルタ)製品テセルパツレブが国内で条件・期限付きで承認された(関連記事「世界初のがん治療用ウイルスが条件・期限付きで国内承認」)。世界初の脳腫瘍に対するウイルス療法製品であり、今後他のがん種にも適応が広が...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで