メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望

解説 解説

腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望

2021年12月06日 13:30

36名の医師が参考になったと回答 

〔編集部から〕今年(2021年)6月、世界初のがん治療用ウイルス(腫瘍溶解性ウイルス)G47Δ(デルタ)製品テセルパツレブが国内で条件・期限付きで承認された(関連記事「世界初のがん治療用ウイルスが条件・期限付きで国内承認」)。世界初の脳腫瘍に対するウイルス療法製品であり、今後他のがん種にも適応が広が...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望