メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  肺がん注目論文徹底検証 »  デュルバルマブ地固め療法、肺臓炎リスクをRWDで検証

肺がん注目論文徹底検証 肺がん注目論文徹底検証

デュルバルマブ地固め療法、肺臓炎リスクをRWDで検証

Ⅲ期NSCLC維持療法:HOPE-005/CRIMSON

2021年12月13日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

齋藤 合 氏 三浦 理 氏 田中 希宇人 氏 先生方のプロフィールはこちら 〔編集部から〕複数のがん専門医の視点による解釈をご紹介する本企画。第4回は、Lung Cancer誌に掲載された、局所進行非小細胞肺がん(NSCLC)の化学放射線療法(CRT)後の維持療法として標準治療となった抗PD-L1...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  肺がん注目論文徹底検証 »  デュルバルマブ地固め療法、肺臓炎リスクをRWDで検証

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで