メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2022 »  2022年の花粉飛散は"東高西低"の傾向

花粉症2022 花粉症2022

2022年の花粉飛散は"東高西低"の傾向

気象条件、雄花の着生状況などから予測

2021年12月28日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

 スギ・ヒノキ花粉の飛散量は、飛散前年の気温や日照時間、雨量に加え、前年の飛散量や雄花の着生状況などから予測できる。12月23日、NPO花粉情報協会は東京都で来年(2022年)春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測セミナーを開き、同協会理事で気象予報士の村山貢司氏がスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測結果を公表した。...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  花粉症2022 »  2022年の花粉飛散は"東高西低"の傾向

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで