メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用

解説 解説

子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用

トリアージを含めた検討が必要

2022年01月13日 18:55

8名の医師が参考になったと回答 

〔編集部より〕  国際がん研究機関(IARC)は、各種検診方法の子宮頸がん罹患率・死亡率低減効果と不利益のエビデンスを評価する子宮頸がん検診ハンドブックの概要をN Engl J Med(2021; 385: 1908-1918)に発表した。検診項目は従来型細胞診、細胞診液状検体法、酢酸による目視検...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

関連タグ

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで