メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用

解説 解説

子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用

トリアージを含めた検討が必要

2022年01月13日 18:55

46名の医師が参考になったと回答 

〔編集部より〕  国際がん研究機関(IARC)は、各種検診方法の子宮頸がん罹患率・死亡率低減効果と不利益のエビデンスを評価する子宮頸がん検診ハンドブックの概要をN Engl J Med(2021; 385: 1908-1918)に発表した。検診項目は従来型細胞診、細胞診液状検体法、酢酸による目視検...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

関連タグ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  子宮頸がん検診の国際評価、日本での運用