メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  遺伝子パネル検査、血液がんでも臨床応用

医療の蠢動 医療の蠢動

遺伝子パネル検査、血液がんでも臨床応用

鑑別診断や治療方針決定の重要なツールに

2022年02月14日 15:50

2名の医師が参考になったと回答 

 2019年6月に固形がんに対する次世代シークエンサー(NGS)を用いたがん遺伝子パネル検査(がんゲノムプロファイル検査:CGP検査)が承認され、臨床で使用可能となった。一方で、造血器腫瘍(血液がん)については日本血液学会によるガイドラインの作成などが進められているものの、保険収載には至っていない(...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  遺伝子パネル検査、血液がんでも臨床応用

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544036 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外