メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  気象病とクリエイティブ休暇

今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点

気象病とクリエイティブ休暇

東邦大学医療センター 大森病院東洋医学科准教授/診療部長 田中 耕一郎

2022年03月16日 05:05

103名の医師が参考になったと回答 

 本連載の第5回で、仕事における燃え尽き症候群について紹介した。医療現場では適応障害、環境調整、休職など、患者本人にとってつらいであろう"自分の不手際"を思わせる用語が氾濫している。しかし、この試練を"クリエイティブ"休暇と捉えるのはどうであろう。今回は、ドイツの文学者ゲーテの『イタリア紀行』を導入...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  連載・特集 »  今こそ伝えたい 東洋医学の着眼点 »  気象病とクリエイティブ休暇