メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核の標準治療がさらに短縮化?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

結核の標準治療がさらに短縮化?

4カ月治療レジメンの扉開く

2022年04月14日 14:00

9名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:2年に及んだ結核の治療期間、現在は6カ月が標準  正岡子規は1902(明治35)年に結核で亡くなるが、そのときの病状は『病牀六尺』という本にまとまっている。この本は、以下の俳句で終わっている。  俳病の 夢みるならんほとゝぎす 拷問などに誰がかけたか   ホトトギスは血を吐くまで鳴き続け...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核の標準治療がさらに短縮化?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545190 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外