メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核の標準治療がさらに短縮化?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

結核の標準治療がさらに短縮化?

4カ月治療レジメンの扉開く

2022年04月14日 14:00

77名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:2年に及んだ結核の治療期間、現在は6カ月が標準  正岡子規は1902(明治35)年に結核で亡くなるが、そのときの病状は『病牀六尺』という本にまとまっている。この本は、以下の俳句で終わっている。  俳病の 夢みるならんほとゝぎす 拷問などに誰がかけたか   ホトトギスは血を吐くまで鳴き続け...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  結核の標準治療がさらに短縮化?