メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  指針無視のがん検診が招く過剰診断の弊害

寄稿 寄稿

指針無視のがん検診が招く過剰診断の弊害

「全国がん検診実施状況データブック」を読んで

大阪国際がんセンターがん対策センター 特別研究員 大島 明

2022年05月09日 17:26

315名の医師が参考になったと回答 

PSA検査、約8割の市区町村が実施  今年(2022年)4月20日、「全国がん検診実施状況データブック<2021>」が国立がん研究センターから公表された。ここに示されたデータの中で、筆者が大いに問題だと考えたのは、下記の「指針に基づかない検診実施状況」(表1)である。 表1. 指針に基づ...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  指針無視のがん検診が招く過剰診断の弊害