メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 須田竜一郎(消化器外科) »  見えてきた、コロナ禍がん患者の間接的打撃

ドクターズアイ 須田竜一郎(消化器外科) ドクターズアイ 須田竜一郎(消化器外科)

見えてきた、コロナ禍がん患者の間接的打撃

2022年05月13日 17:55

7名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:がん患者の"受診控え"の問題に着目  以前、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック宣言後に、単純性虫垂炎と診断される患者が大きく減少していると指摘する研究を紹介した(「"コロナ禍で急性虫垂炎激減"が意味するもの」)。  この研究は、パンデミック宣言後の比較的初期に行われ...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 須田竜一郎(消化器外科) »  見えてきた、コロナ禍がん患者の間接的打撃

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545570 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外