メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  高齢者の厳格降圧療法、余命3年以上は適応

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

高齢者の厳格降圧療法、余命3年以上は適応

2022年06月06日 16:15

101名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:厳格な降圧療法により臨床的利益を得るために必要な時間を推定  最近の米国の高血圧治療ガイドラインでは、60歳以上の成人に対し収縮期血圧(SBP)の目標値として150mmHg未満、さらには130mmHg未満を推奨している。ただし、厳格な降圧による有害事象(失神、転倒など)は治療後すぐに発生...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  高齢者の厳格降圧療法、余命3年以上は適応