メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  診察室の経験 伝えたい言葉 »  何を見て薬を出すのか

診察室の経験 伝えたい言葉 診察室の経験 伝えたい言葉

何を見て薬を出すのか

胡桃澤 伸(精神科医、劇作家)

2022年06月17日 16:55

737名の医師が参考になったと回答 

「症状処方はいかんよ」  中井久夫さんは症例検討会でたびたび、そう口にした。症状処方とは、症状に対して薬を出すこと。それの何がいかんのかとお思いになる方もいるかと思うが、患者が症状を訴えるたびに薬を出すと、薬の種類も量も増えてゆく。  不安、動悸、頭痛、不眠、抑うつ、イライラ、食欲不振などを訴える患...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  診察室の経験 伝えたい言葉 »  何を見て薬を出すのか