メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  感染症 早読み&深掘り »  今冬のインフルエンザ動向を「超」早読み

感染症 早読み&深掘り 感染症 早読み&深掘り

今冬のインフルエンザ動向を「超」早読み

2022/23シーズンは流行が復活、コロナとの同時流行の可能性あり

東北文化学園大学医療福祉学部抗感染症薬開発研究部門 特任教授/
公益財団法人宮城県結核予防会 理事長 渡辺 彰

2022年06月22日 16:13

1337名の医師が参考になったと回答 

 ほぼ毎シーズン1,000万人を超えていた日本のインフルエンザ患者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が出現したとたんに影を潜めた。2020/21シーズンの推定患者数はわずか1万4,000人にとどまり、2021/22シーズンも同様であった。懸念されていたCOVID-19とインフルエンザの...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  連載・特集 »  感染症 早読み&深掘り »  今冬のインフルエンザ動向を「超」早読み