メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  複数の選択肢で最適な肝細胞がん治療を実現

医療の蠢動 医療の蠢動

複数の選択肢で最適な肝細胞がん治療を実現

2022年08月16日 14:41

874名の医師が参考になったと回答 

 都内でも屈指の肝細胞がん治療体制が整備されたがん・感染症センター都立駒込病院。同院肝臓内科医長の今村潤氏、同科の木村昌倫氏、放射線診療科(治療部)の清水口卓也氏に、肝がん治療におけるラジオ波焼灼療法、化学療法、放射線治療の実際や治療成績について聞いた。 ...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  複数の選択肢で最適な肝細胞がん治療を実現