メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  潜在性結核感染はINHでなくRFPを使用する!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

潜在性結核感染はINHでなくRFPを使用する!

付:森鷗外、日本人が知らない日本語、啄木、梶井基次郎

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

2022年08月25日 17:16

1175名の医師が参考になったと回答 

 N Engl J Med総説「潜在性結核感染は...」の文中、国内採用はありませんが、rifapentineを週1回の注射製剤と記載いたしましたが、読者の方々からは内服製剤であるとのご指摘を頂きました。調べてみましたところその通りでした。 修正をしました。申し訳ございませんでした。 西伊豆健育会...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  潜在性結核感染はINHでなくRFPを使用する!