メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  人・ひと・ヒト »  49歳で米国の病理研修医に転身!

人・ひと・ヒト 人・ひと・ヒト

49歳で米国の病理研修医に転身!

挑戦を続けていれば、思わぬところで幸運の扉は開かれる

米・Moffitt Cancer Center, Department of Pathology (病理部) 中西 幸浩氏

2022年09月13日 05:00

997名の医師が参考になったと回答 

〔編集部より〕米国留学後、そのまま米国で医療に従事する医師のキャリアはさまざまです。今回は、国立がん研究センターで病理医として18年間勤務したのちに、50歳を過ぎて米国の病理研修医に転身されたという中西幸浩氏の半生を紹介します。今回はご本人によるご寄稿に加えて、インタビューによる質疑応答、さらに動画...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  連載・特集 »  人・ひと・ヒト »  49歳で米国の病理研修医に転身!