メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  日常診療で出あう皮膚病変 »  円形脱毛症、新たな治療の幕開け

日常診療で出あう皮膚病変 日常診療で出あう皮膚病変

円形脱毛症、新たな治療の幕開け

2022年12月13日 16:50

695名の医師が参考になったと回答 

 皮膚科医は目に見える患者の皮膚症状から原因を探り、皮膚病変に隠れた内臓疾患など全身的な疾患を診るエキスパートである。全身疾患のゲートキーパーとしての役割を担っており、さまざまな疾患の可能性を疑い、早期発見・治療につなげる上で専門的かつ最先端の知識や診断能力が求められる。一方、一般内科医が皮膚疾患を...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  連載・特集 »  日常診療で出あう皮膚病変 »  円形脱毛症、新たな治療の幕開け