メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  駒込流「ときどき入院、ほぼ在宅」

医療の蠢動 医療の蠢動

駒込流「ときどき入院、ほぼ在宅」

緩和ケアにおける地域連携の極意とは

2023年01月17日 14:18

316名の医師が参考になったと回答 

 抗がん薬の進歩、高齢がん患者の増加、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大という3つのパラダイムシフトを受け、緩和ケアにおける地域連携の重要性が高まっている。がん・感染症センター東京都立駒込病院緩和ケア科部長の田中桂子氏に、「ときどき入院、ほぼ在宅」を目指す同院の取り組みを聞いた。...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  連載・特集 »  医療の蠢動 »  駒込流「ときどき入院、ほぼ在宅」