メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  日常診療で出あう皮膚病変 »  化膿性汗腺炎、生物製剤の開発が進展

日常診療で出あう皮膚病変 日常診療で出あう皮膚病変

化膿性汗腺炎、生物製剤の開発が進展

2023年03月17日 17:33

385名の医師が参考になったと回答 

 化膿性汗腺炎は腋窩や臀部に痛みを伴う炎症性結節が多発し、症状の進行とともに瘻孔を形成して、排膿を伴う慢性炎症性疾患である1~3)。再発性で痛みや悪臭などによりQOLが著しく低下する。かつては感染症と考えられていたが、最近の研究の進展により、毛包を中心とした自己炎症反応が原因で発症する皮膚疾患である...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  連載・特集 »  日常診療で出あう皮膚病変 »  化膿性汗腺炎、生物製剤の開発が進展