メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  肥満症に対する内科的治療の復権

解説 解説

肥満症に対する内科的治療の復権

ウゴービの認可に当たって

北里研究所病院糖尿病センター長 山田 悟

2023年03月27日 15:23

478名の医師が参考になったと回答 

STEP6試験で体重、HbA1cとも有意な改善  本日(3月27日)、肥満症治療薬としてウゴービ(一般名セマグルチド)が認可を受けた(関連記事「【速報】GLP-1受容体薬ウゴービ、肥満症で承認」)。セマグルチドは2型糖尿病治療薬としてオゼンピック(週1回注射製剤・最大用量1.0mg)、リベルサス(1...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  肥満症に対する内科的治療の復権