メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  事故調査報告書、責任追及に利用のおそれ

医療法学で考える臨床の未来 医療法学で考える臨床の未来

事故調査報告書、責任追及に利用のおそれ

医療事故調査制度の現状と課題②(前編)

2023年11月08日 14:42

288名の医師が参考になったと回答 

 医療事故調査制度は、厚生労働省の医療事故調査制度検討会における議論の末、医療安全のための制度であるという合意が得られ、2015年に施行された。しかし、いまだに事故調査報告書を法的責任追及の際に用いる事例が見られるなど、適切に運用されているとは言い難い。医療事故調査制度の問題点について日本医療安全学...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  事故調査報告書、責任追及に利用のおそれ