メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ガイドライン解説 »  3年ぶり改訂のTTP診療ガイドのポイント

ガイドライン解説 ガイドライン解説

3年ぶり改訂のTTP診療ガイドのポイント

病態解明で診療に進展、新薬の推奨も

2023年11月17日 14:33

216名の医師が参考になったと回答 

 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は、全身の微小血管に血小板血栓が形成され、溶血性貧血、腎機能障害、精神神経症状などを呈する致死的な疾患である。近年、病態の解明とともに新たな診断法、治療法の開発が進んでおり、昨年(2022年)12月には後天性TTPに適応を有する抗von Willebrand因子(...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  連載・特集 »  ガイドライン解説 »  3年ぶり改訂のTTP診療ガイドのポイント