メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療は連携して真価を生む »  「誤嚥=禁食」としない摂食嚥下対策

医療は連携して真価を生む 医療は連携して真価を生む

「誤嚥=禁食」としない摂食嚥下対策

多科・多職種で包括的アプローチを展開

2023年11月29日 05:00

274名の医師が参考になったと回答 

 「食べる」という行為は、認知機能、口腔内環境、咀嚼機能、嚥下機能、呼吸機能、上肢機能、姿勢保持機能などさまざまな要素から成り、摂食嚥下障害には各分野の専門職種による包括的なアプローチが欠かせない。地域医療機能推進機構(JCHO)東京新宿メディカルセンターでは、安全な経口摂取を支援するために多科・多...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  連載・特集 »  医療は連携して真価を生む »  「誤嚥=禁食」としない摂食嚥下対策