メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ガイドライン解説 »  6年ぶり改訂、便通異常症診療GLのポイント

ガイドライン解説 ガイドライン解説

6年ぶり改訂、便通異常症診療GLのポイント

慢性便秘症の新薬をどう使うか

2023年11月30日 17:00

229名の医師が参考になったと回答 

 便通異常症はQOLや社会労働生産性を著しく低下させ、生命予後にも影響を及ぼす疾患である。前回の改訂後に慢性便秘症に適応を有する新薬が相次いで登場したことなどを受け、今年(2023年)7月、日本消化管学会編『便通異常症診療ガイドライン2023』(以下、GL2023年版)が「慢性便秘症」編と「慢性下痢...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  連載・特集 »  ガイドライン解説 »  6年ぶり改訂、便通異常症診療GLのポイント