メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 小林拓(消化器) »  ウパダシチニブはIBD診療を変えるか

ドクターズアイ 小林拓(消化器) ドクターズアイ 小林拓(消化器)

ウパダシチニブはIBD診療を変えるか

2023年12月18日 11:20

132名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:therapeutic ceilingを打ち破れる薬剤か?  潰瘍性大腸炎(UC)は大腸に原因不明の慢性炎症が起こる炎症性腸疾患(IBD)の1つであり、本邦では指定難病に分類されている。かつてはその名の通り治療困難であり、5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤やステロイドを使用してもコン...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 小林拓(消化器) »  ウパダシチニブはIBD診療を変えるか